株式会社ラピス

個人情報保護方針

制定年月日:平成17年6月1日

最終改訂年月日:平成28年10月3日

1. 個人情報保護の理念

当社は、情報サービス産業関連企業として当社のお客様からお預かりしている情報やソフトウェア受託開発の情報などを取り扱っており、これらを万全の管理体制のもとで保護することが責務であると考えております。
個人情報も同様であり、個人の人格尊重の理念の下に慎重に取り扱われるべきものであることに鑑み、その適正な取扱を図ります。

2. 基本方針

個人情報は個人の貴重な財産である。
株式会社ラピスで業務に従事するすべての者は、個人情報保護マネジメントシステムを確立し、実施・維持し、個人情報を正確かつ安全に取り扱わなければならない。

3. 個人情報保護マネジメントシステムの目的

  • (1) 適切な個人情報の取得、利用及び提供の基準と、これを運用する規程を定める。
  • (2) 個人情報への不正アクセス、個人情報の漏えい、滅失又はき損の防止及び是正に関する行動規範、具体的ルールを定める。

4. 組織活動

基本方針を具体化するため、以下の活動を行う。

  • (1) 個人情報保護管理者を選任し、個人情報保護マネジメントシステムの確立、実施及び維持に関する責任及び権限を与え、業務を行わせる。
  • (2) 個人情報保護監査責任者を選任し、監査を実施する。
  • (3) 内部監査に基づき、社内の規程、運用の仕方を改善する。
  • (4) 取引のある企業及び個人に対し、規程の目的達成のための協力を要請する。
  • (5) 本保護方針は、当社のインターネット・ホームページ(URL = http://www.kk-lapis.co.jp/)、会社案内等に掲載することにより、いつでも閲覧可能な状態とする。
  • (6) 個人情報の取扱い及び個人情報保護マネジメントシステムに関して、本人からの苦情及び相談を受け付ける「苦情相談窓口」を設け、適切かつ迅速に対応する。
  • (7) 役員を含むすべての従業員は、「個人情報の保護に関する法律」その他の個人情報の取扱いに関する法令、所管省庁が作成したガイドライン・指針及びその他の規範を遵守する。
  • (8) 個人情報保護マネジメントシステムは定期的に内部監査を行い、継続的に改善する。

5. 個人情報の取り扱い

  • (1) 個人情報の取得・利用・提供について
    当社はソフトウェア開発及び情報処理の業務及び規模を考慮した適切な個人情報の取得、利用及び提供を行う。また、利用目的を本人に対して明示し、当社のHP上に公表するとともに、目的外利用を行わないこととし、そのための措置を講ずる。
  • (2) 権利の尊重
    当社は、個人情報に関する個人の権利を尊重し、本人の個人情報について開示等を求められたときは、合理的な期間、妥当な範囲内でこれに応ずる。
  • (3) 安全対策の実施
    当社は、社内規程を整備し、全従業員に個人情報保護に関する教育を実施する等、個人情報への不正アクセス、個人情報の漏えい、滅失又はき損の防止及び是正に関する措置を講じ、適切な安全対策を実施する。

平成28年10月3日
株式会社ラピス
代表取締役 武田 秀之

本内容に関するご質問及び苦情・開示等に関するご相談は、下記の「苦情相談窓口」にお願い致します。

株式会社ラピス 総務部 「苦情相談窓口」
所在地 〒220-0011
神奈川県横浜市西区高島2-14-12 ヨコハマジャスト2号館8F
電話番号 045-451-0156
FAX番号 045-451-0148
e-mail soumu@kk-lapis.co.jp

開示等の手続き方法

下記の「個人情報開示等申込書」をダウンロードして必要事項をご記入の上、必要書類を同封して、上記「苦情相談窓口」までお送りください。
なお、手続きの詳細や必要書類などの注意事項を「個人情報開示等申込書」内に記載していますので、必ずご一読願います。

個人情報開示等申込書のダウンロード(PDFファイル)

個人情報利用目的一覧表

I. 特定個人情報でない個人情報
1. 従業員から取得する目的
(1) 連絡をとるため。
(2) 雇用手続き及び労務管理のため。
(3) 給与計算するため。
(4) 人事評価するため。(※開示等の対象外です。)
(5) 従業員の親睦を図るため。
(6) 広報活動のため。
2. 採用応募者から取得する目的
(1) 応募者を採用するか、否かを判断するため。
3. 技術者情報を取得する目的
(1) ソフトウェア開発及び情報処理業務を受託する営業活動のため。
(2) 受託済みのソフトウェア開発及び情報処理業務に適した技術者を選定するため。
4. 一般文書である個人情報を取得する目的
(1) コミュニケーションを図るため。(※お問い合わせやご相談をお受けした際に取得する場合を除きます。)
(2) 問い合わせや相談に対して回答、連絡、通知を行うため。
II. 特定個人情報
1. 従業員の特定個人情報を利用する目的
以下の事務を行うため。
(1) 源泉徴収に関する事務
(2) 雇用保険の届出
(3) 健康保険及び厚生年金保険の届出
(4) 国民年金の第3号被保険者の届出
(5) 労災保険法に基づく請求
(6) 団体保険の手続き
(7) 財形住宅貯蓄及び財形年金貯蓄の手続き
(8) 配当、余剰金の分配及び基金利息の支払調書の作成
2. 従業員以外の方の特定個人情報を利用する目的
以下の事務を行うため。
(1) 報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書の作成
PAGE TOP